特集

中古車購入直後のメンテナンスは「水」と「オイル」の交換

中古車購入直後のメンテナンスとして実施したいのが、水とオイルの交換です。エンジンオイルは納車整備などで交換されるケースが多いですが、加えて、冷却水とブレーキフルードも交換した方が安心です。というのも、中古車は1台1台コンディションやメンテナンス状況が異なるため、最初に交換サイクルをリセットし、それを基準に次回以降のメンテナンスを進めていくことが大事になってくるのです。それでは早速、冷却水とブレーキフルードについて解説していきましょう!

目次

油脂類の交換は基本的なメンテナンスだが、オイルや冷却水というのはクルマを動かさなくても劣化が進む。劣化した油脂類を使い続けると関連パーツにダメージを与え、性能が落ちてしまったり、寿命を縮めることにも繋がってしまうのだ。そのため、中古車を購入したら油脂類を全て換えて交換サイクルをリセットしておくことが重要なのである。
エンジンオイルは交換頻度が高いのでここでは省略するが、酸化によって劣化が進むということは覚えておきたい。また、エンジンオイルはブランドにこだわるよりも、定期的に交換することの方が重要なので、交換サイクルを守ってきっちりとメンテナンスしておこう。
ここで紹介する冷却水やブレーキフルードの交換サイクルは2年に1回となっている。もちろん全ての中古車がそうであって欲しいが、残念ながらコンディションは様々。きっちりとメンテナンスされていたクルマもあれば、乗りっぱなしのクルマもある。エンジンオイルなどに比べると交換頻度が少ないので、放置されるケースも多い。
まずは冷却水について説明していこう。冷却水はLLC(ロング・ライフ・クーラント)とも呼ばれる。冷却装置であるラジエターによってLLCが冷やされ、これが各部に循環することによってエンジンを最適な温度に保っている。
LLCには様々な成分が含まれており、その主成分はグリコール。不凍液としての役割を持っていることから、冬場でも冷却水が凍ることはなくエンジンを冷やし続けることができる。グリコールには、エチレングリコールとプロピレングリコールがあり、前者が一般的なクルマ用、後者が高性能クーラントの主成分として用いられることが多い。このほかにも、サビを抑制する防錆剤、泡を発生させないための消泡剤なども含まれている。
LLCが使われている環境というのは非常に過酷なもので、エンジンから発生する熱により急激に暖められたり、ラジエターを通過することでまた冷やされるといった状態が繰り返される。これにより劣化が進んでいくと、本来持っている性能が低下してしまうのである。添加されている防錆剤の性能も低下するため、サビなどを発生させる原因にもなるのだ。
LLCには消泡剤も添加されているが、長期使用によってこの性能も低下する。消泡剤とは泡の発生を抑制するものだが、なぜ泡がダメなのかというとLLCの循環効率を低減させてしまうからだ。LLCはウォーターポンプが循環を促し、高温になったLLCがラジエターを通過することによって冷やされる。この循環を効率よく行なわなければ、高い冷却性能は得られないのだが、その循環の要となるウォーターポンプの素早い回転は、同時に泡を発生させてしまうのだ。
泡の量が増えると、これが妨げになりLLCが循環しにくくなる。そうなると、水温は効率よく下がらなくなり気泡にも熱が蓄積されるので、水温はより上昇傾向となるのだ。そのため、LLCは極力泡が発生しない方が望ましいのである。
ちなみに、レーシングカーやチューニングの世界では、この泡の発生をより効果的に抑えるためにウォーターポンプのプーリーを変更し、ゆっくり回転させることがある。
高い冷却性能を得るためにウォーターポンプを速く回転させ、LLCを素早く循環させた方が冷却性能は高まると思ったら大間違い。ウォーターポンプの回転速度を上げれば上げるほど泡が多く発生してしまい、LLCの循環効率は悪くなる。泡の発生を抑制しながらゆっくりとLLCを循環させ、熱交換を行なうラジエターにもゆっくり通すことで高い冷却性能を得ているのだ。
このようにLLCというのは、エンジンの冷却という重要な役割を担っているから、きっちりと交換しておく必要がある。

LLCは冷却ラインを循環しながら水温を調整する。劣化が進めば冷却効率が低下し、サビなどを発生させる原因にもなる。
LLCはラジエターを通過することによって冷やされる。ラジエターが目詰まりを起こすと効率的に循環できなくなり、冷却性能が低下する。

ブレーキフルードの交換も
忘れずに行いたい

ブレーキフルードは、リザーバタンクから量や汚れ具合をチェックできるが、命にも関わる重要な部分なので中古車を購入したら必ずチェックすること。
ブレーキフルードは吸湿性が高いという性質を持っている。そのため水分を含んだ状態になっていると、油圧系統のピストンや配管内部にサビを発生させる原因になるのだ。マスターシリンダーやブレーキキャリパーのゴムシールなどにも悪影響を与えてしまうので、きっちりと全量を交換しておくことが重要。
ブレーキフルードは沸点が高いというのも特長だが、水分を含んだブレーキフルードは沸点が下がり、ブレーキを多用したときに発生する熱によって気泡が発生してしまう。これがベーパーロック現象で、必要なときに突然ブレーキが利かなくなるという想像もしたくないトラブルを引き起こす原因になる。
それゆえ、ブレーキのメンテナンスは念入りにやっておくことが重要。中古車を購入したときにブレーキフルードの交換をすれば、ブレーキ系統の点検も同時に行なえるというメリットもある。ブレーキホースからのオイル漏れやキャリパーの状態などに問題があればすぐに対応できる。何かあってからでは遅いブレーキなので、プロによる正しい作業できっちりとメンテナンスしておこう。

吸湿性が高いブレーキフルードが水分を含んだ状態になると、配管やキャリパー内部などにサビを発生させる原因になるので注意。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Maintenance Lab Archiveの最新記事をお届けします

BACK TO LIST