輸入車に特化した整備工場の全国ネットワーク。テスター、技術情報、部品の提供。

  • 採用情報
  • 会社概要
  • 加盟店一覧
  • Q&A

商品・サービス

テスターを使う
テスターを使う

新型Mercedes-Benz専用テスターレンタル

利用可能な会員クラス
  • プラチナ整備会員プラチナ整備会員
  • ダイヤモンド特別会員ダイヤモンド特別会員

目次

①専用テスターの種類
②ベンツテスターの機器種類と特徴
③ソフトウェアの内容
④操作画面イメージ
⑤ご利用料金

①専用テスターの種類

メルセデス・ベンツおよびダイムラーブランド(スマート、マイバッハ、Vito等)専用テスターの常設レンタルサービスです。
専用機でもクルマの年式や車種によって使用するテスターが異なります。

 

当テスターは、
2020年以降に発売されたW223やW206等、車台番号がW1KやW1Nから始まる新型車両の診断が可能な専用テスターとなります。
整備マニュアル、レバレイト工数閲覧ソフトは付属していますので、故障診断後の整備も安心して作業が可能です。

 

 

2019年以前に発売された車両や、2020年以降でも車台番号がWDCやWDB、WDDから始まる車両は、従来のメルセデスベンツ専用テスターでも診断が可能ですので、貴社に入庫する車種構成でご利用されるテスターを選択されれば結構です。

 

なお現在、オンラインでのプログラミング作業が必要な方には、

SCNコードを取得するための機器としてショートレンタルでプログラミング版テスターのご提供をしております。

②ベンツテスターの機器種類と特徴

テスター名称 世代 摘要 長所 イメージ写真
VCI 第6世代 W223やW206等
車台番号がW1K、W1Nから始まる車両の診断が可能

・現行タイプが診断可能
・マルチプレクサとの通信が無線でストレスフリー

③ソフトウェアの内容

ベンツ専用テスターはStar Diagnosis(スターダイアグノシス)と呼ばれ、大きくは2つのソフトを利用します。

 

ひとつは、車両に搭載されたコントロールユニットに電子交信をして
自己診断ができる「Xentry(エキセントリ)」と呼ばれるソフト(※)。

 

もうひとつは部品表示、システム構造、機能、取付場所、配線図、レバレイトなどの
情報と整備マニュアルを検索・表示する「WIS-NET/ASRA」です。

 

※Xentryは、旧ソフトウェアDAS(ダス)もカバーしています。DAS対応の車種と通信すると、自動的にXetnryからDASに切り替わります。

④操作画面イメージ

■Xentry(DAS)の操作画面

■Xentry(DAS)の操作画面

■WIS-NETの操作画面

■WIS-NETの操作画面

⑤ご利用料金

当サービスは、会費とは別途、テスターごとにご利用料金がかかります。

プラン名称 内容 初期費用 月額 バージョン
アップ
VCI一式 こちらより資料をダウンロードの上ご確認ください 

マイ・スターネットワーク会員についての
お問い合わせはこちら

06-6569-3111[内線2番]月〜金 9:00〜17:45(土日祝定休)

マイ・スターネットワーク会員の
資料請求はこちら